不倫しやすい男女別の年齢

不倫は男女それぞれ、しやすい時期があるということをご存じですか?

男女別の不倫・浮気率は下記のようになっています。

今や熟年不倫という言葉も横行しているほど、比較的年齢層が高い人たちも不倫をすることがあるようですね。

では、ここからは不倫しやすい年齢は男女でどのように違うのか、具体的に見ていきましょう。

20代31.5%
30代25.6%
40代26.0%
50代28.9%
60代13.3%

男性が不倫しやすい年齢とその理由

年代別の通り、男性の不倫は20代が一番多くなっています。
やはり若いうちは「遊びたい」という気持ちが強く、不倫や浮気に走ってしまう人が多いようです。

次に多いのがなんと50代
働き盛りを過ぎ、家庭では子供も独立し始めるこの年齢層は、不倫に走ってしまう人も多いようです。
またこの年齢層は、社会的にある程度の地位もあり、金銭面も余裕のある人が多いことから、女性からも魅力的に見えるようです。
長年仕事に没頭してきたために、そもそも夫婦関係が破綻してしまっているケースもあるでしょう。

男性の不倫の原因は女性とは違います。
多くの男性は年齢に関係なく性欲があり、その衝動を抑えられなくて不倫をしてしまいます

言い換えれば、妻と定期的に夫婦生活をしている男性は不倫しにくいということです。

しかし、女性は性欲が男性ほどはないケースが多いため、夫からの誘いを断ってしまう妻も多いのが実情です。
そのため妻から相手にされない夫は、家庭の外で性欲を満たすようになってしまうのです。

不倫しやすい女性の年齢とその理由

女性の不倫で最も多いのは40代です。

子育ても落ち着いてきて、やっと自分の時間が持てるようになるのがこの年齢層です。
夫はまだまだ働き盛りである場合がほとんどですから、夫と一緒に何かをするよりも、習い事を始めたり、仕事を本格的に再開するなど、一人で外出する機会も増えてきます。
同時に新たな出会いも増え、そこから不倫関係に発展してしまう可能性があります。

40代の次に多いのは30代です。
この年代の女性のほとんどは子育てが一番大変な年齢です。
夫が働き盛りで助けてくれず、頼れる人がいない時に、寂しさを紛らわしたいという出来心で浮気をしてしまうケースが多いようです。

男性の不倫は性的欲求が抑えきれず、一時の衝動で関係を持ってしまうケースが多いですが、女性の不倫の多くは年齢に関係なく、「寂しさ」から関係を持ってしまうことが多いようです。
夫が育児に協力的ではない、女性としてみてくれなくなった、そんな理由から自分を母親ではなく一人の女性としてみてくれる人が現れると、その人と深い関係に陥りやすいのです。

そのため、男性は一夜限りの関係で終わることがあっても、女性は長く不倫関係を引きずってしまう傾向があるようです。

-探偵社ブログ

Copyright© 東京都の探偵、レディース探偵社。不倫・浮気調査なら 1時間1,500円~ , 2022 All Rights Reserved.