不倫パターン

今回は不倫について
依頼者様からの共通をお伝えしたいと思います。

 

■不倫した側

不倫をした理由、状況、環境はさまざま。
不倫した理由は人それぞれであるのに対して

不倫した人の行動、言動は¨見事に同じ¨
・「お前のここが我慢出来なかった」
・「ずっと前から離婚は考えていた」
・「女はいない(女とは関係ない)」と不平不満を言い始める。

そのお前の¨ここ¨という理由も大の大人が言う離婚になるような理由にならない
¨ずっと前¨という理由もずっと前っていつ?と言いたくなる

不倫された方々が同じことを言っておりました。

 

■不倫され側

不倫された人の感情も¨見事に同じ¨

・「夫婦仲良かった」
・「セックスレスではなかったし会話もあった」
・「死にたいと思う感情」
・「信頼していたパートナーの裏切りで心が壊れる」
・「感情がコントロール出来なくなる」
・「診療内科に通う」
・「誰にも話せないで溜めてしまう」

結局不倫した人の理由は正当化しようと必死さが伝わる

それしか伝わらい

された側は、だから納得いかない

これもされた側の共通の感想です。

 

結局不倫は

 

一般的にした側が、罪悪感で苦しむなら納得いくが

された側が、苦しんでいる

そして時間もお金もかけている

 

 

-探偵社ブログ

Copyright© 東京都の探偵、レディース探偵社。不倫・浮気調査なら 1時間1,500円~ , 2021 All Rights Reserved.